ポケモンを主に、モンハン、東方など。
プロフィール

うれたん

Author:うれたん
メインROM:ポケモンX
好きな〇〇
ポケモン:カットロトム
東方:射命丸文
禁書:一方通行
はがない:小鳩

支援お願いします
↑IEのみ動作確認しています。
もくじ

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
i_kokoromori.gifi_ononokusu.gifロトムi_nuoo.gifi_goukazaru.gifハッサム
愛用中パーティ紹介記事です。勝率はなんと95.2%でした。素晴らしい。

【アシストパワーについて】
この技は簡単に言えば、「能力変化+1につき威力+20」という技です。
今回は「めいそう」と「かげぶんしん」を採用しましたので、能力変化は最大+18。最終威力は200。(タイプ一致で300)
この状態のアシストパワーは、ものすごい火力を発揮します。
例えば、耐久のあるエスパータイプとして名高いヤドランやユクシーなんかは一撃でもっていきます。
D特化したクレセリアさえ確定二発です。この火力、癖になります。
威力300技と、めいそうでUPした特攻から繰り出される一撃は甘えた耐久を許しません。
つまりクレセリアは甘え←



●ココロモリ@たべのこし
145-0-84-118-76-182
特性:たんじゅん
みがわり/めいそう/かげぶんしん/アシストパワー

動き方はさながら粉ガブのような立ち回りです。
そして、なんと10万とサイコショックのない眼鏡ラティを起点にできます。こう書くとすごく強そう。
特性たんじゅんによって、めいそうがCD二段階アップというチート技と化します。
能力ダウンにも影響しますが、まだ困ったことはないですね。
基本はみがわりを残すことを最優先し、十分積んだところでタテていく感じです。
意外と警戒されていないのか、成功率はかなり高いです。
悪で止まるというオチもバッチリ(笑)

●オノノクス@ラムのみ
いじっぱりHAS
特性:かたやぶり
りゅうのまい/げきりん/じしん/ハサミギロチン

ドラゴン枠。
実はオノノクスを使ったことがなく、このパーティで初めて運用。
それにしても、この子の耐久の無さたるやこれいかに。耐久調整の難しいポケモンです。
基本は高火力ドラゴン技でダメージを押し付けていく。
フリーで鋼がいないパーティならば、げきりんゴリ押し安定
ハサミギロチンはムドーに当ててドヤ顔するため。カイリューとの差別化も兼ねて。

●ロトム@ひかりのねんど
おだやかHD
特性:ふゆう
ひかりのかべ/リフレクター/10まんボルト/ハイドロポンプ

素のココロモリもまた紙耐久なので、壁張りロトムを採用。
もともとこの枠にはエンぺルトが入っていましたが、ラティの相手はココロモリがするので
耐久底上げでき、ボルトチェンジも覚えるロトムちゃんを選びました。
使っていて思うのですが、この子には素早さに下降補正をかけてもいいかもしれません。
今度作ってみます。

●ヌオー@オボンのみ
わんぱくHB
特性:たんじゅん
のろい/じこさいせい/ストーンエッジ/じしん

パルシェンやカイリュー、ローブシン等の積みポケ対策。ウルガモスもこいつに任せている。
いずれも後出しから対処できる耐久は持ち合わせていないので、基本死に出しで対処していきます。
相手がこいつの特性知らずガンガン積んでドヤ顔でつららばり撃った後、あまりのダメージの低さに
長考不可避してるの見たときは2828してました。
なお選出回数は一番低かった模様

●ゴウカザル@タスキ
むじゃきACS
だいもんじ/インファイト/めざめるパワー氷/マッハパンチ

マッパのあるサルは強いのか?ということで試しに使ってみたところ、なかなか使える。
やはりポケモンというゲームにおける先制技というのは重要なファクターであり、
先制技を有している安心感というものが間違いなくある。
サルというポケモンは技スぺが足りないポケモンとしてしばしば挙げられるが、相手をするポケモンを絞って
使えばカバーできるというのが正直な感想である。
さらに猿のタスキはいまどき時代遅れではあるが、足りない火力はマッパで補えるので
珠猿とはまた違った味が出て面白い。
個人的にマッパ猿はかなりお気に入りのポケモンであります。

●ハッサム@オッカ
いじっぱりHAD
バレットパンチ/とんぼがえり/つるぎのまい/はねやすめ

正直なぜこいつを採用したか覚えていない。が、後攻とんぼからココロモリの起点を見つけるという点で
じゅうぶん貢献はしてくれている。
しかしやはり見せポケとしての意味合いのほうが強く、ノオーやバンギなどの固定ダメ天候変化ポケの
牽制や、マンムーに対して圧力をかけていく使い方だったと思う。
また、ココロモリ自信が悪で止まるポケモンなので、それらに対する駒としても使っていた。
しかし、フリーでは逆に炎技を覚えているポケモンのほうが多い(ドンカラスのねっぷう、ヘルガー等)
気がするので、タイプが裏目に出たなーと思うこともあった。


総合:ココロモリの知名度が低いせいかあまり対策されず、奇襲性あっての勝率だったと思う。
まあ僕一人がココロモリ使ったところで環境は変わらないし、これからも使っていきたいと思う。
めいそう積んだ後のアシストパワーは本当にクレイジーな威力を発揮します。
パーティは参考にならずとも、ココロモリは是非ともお試しいただきたいポケモンです。
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://tyurutyurutyurarin.blog.fc2.com/tb.php/66-7afdbe3c
Twitter
FC2ブログランキング
良かったらワンクリックよろしくです
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。